第16回TSUBASAシンポジウム

TSUBASAで最も大きなイベント愛鳥祭の中で、勉強会を開催します。愛鳥祭会場内で開催致します。

ぜひ、お買い物やイベントを楽しみながら勉強にも力を入れてみませんか?

土曜日、日曜日異なる講師の方をお呼びしています。

お買い物やイベントを楽しみながら、一緒にお勉強もしてみませんか?


開催場所

東京都立産業貿易センター台東館 5階展示室(愛鳥祭ホール内)

 

参加費

 

各講演:3,000円

 

定員

各講演につき、50名定員となっております。

お申し込み多数の場合は、抽選とさせていただく場合がございます。

お申込が抽選制となっております。

4月11日正午~4月17日17時まで募集

当選者様発表は、4月22日となります。

 

BLA2級ポイント対象イベント

本イベントは、ポイントの対象となります。

講演参加数によってポイントは異なります。

1講演 3000円(BLAポイント3付与)

2講演 6000円(BLAポイント6付与)

3講演 9000円(BLAポイント9付与)

 

※ご注意ください

■今回の会場は机がありません。誠に恐縮ですがメモを取られるお客さまはバインダーなどご持参下さいませ

当日講演開始後は、途中での入退室ができません事をご理解下さい。

 

※キャンセルポリシー 

後日、抽選にて参加の可否はお知らせいたします。ご参加が確定した皆様にはお振り込みの案内をさせていただきます。キャンセル時期によっては、ご返金ができない場合がございます。ご注意くださいませ。

1)5月26日までにキャンセルのご連絡をいただいた場合は無料 

2)5月27~29日までのキャンセルのご連絡:受講料の50% 

3)5月30日、31日以降のキャンセルのご連絡:受講料の100%


スケジュール

愛鳥祭1日目(6月1日/土曜

 

13:30〜14:30

すずき 莉萌

ヤマザキ動物専門学校講師、動物ライター、公認心理師

 愛鳥と心の距離を近づける心理学入門 

内容

愛鳥に対することばかけの一つ、表情の一つ、しぐさの一つ。

それらを全て飼い主さんからのメッセージとして愛鳥が真摯に受け止めているということを考えたことがあるでしょうか。

また、彼らのとる行動のひとつひとつにも、私たち飼い主へのメッセージが隠されているものです。

今回はコンパニオンバードとの暮らしに役立つ行動学や心理学を具体的な事例やたくさんの画像と共にご紹介します。

互いの行動の裏側にある心理を知って、愛鳥のことを今よりもっと深く理解してみませんか。

プロフィール

鳥との暮らしは40年以上、著書は30冊を超える。

野生の暮らしから飼育のヒントを掴むべく、フィールドワークも大切にしている二児の母。



15:00〜16:00

シシイ家原 弥生

ドイツ鳥用品通販会社 とりきち横丁(Torikichi Yokohcou GmbH)代表
鳥の一時預かりボランティア組織 BIRDSITTERS 発起人

 愛する鳥と最期まで

~ドイツの介護問題への取り組み~ 

内容  

 皆さんは、自分の愛鳥が老齢、病気、怪我で体が不自由になったとき、、身の回りの用品が使えず、困ったことはありませんか?

ドイツでの鳥たちは、老いも若きも、体にハンデがあろうと、皆が一緒に暮らす傾向があります。それは、群生の鳥は仲間と暮らし、鳥の社会性を保つことが大切だという考えが根付いているからで、体が不自由な鳥を隔離、孤立させない取り組みがされています。

講演では「介護」にスポットをあて、ドイツ人の考え方、鳥との共生、ドイツの鳥たちの暮らし方をご紹介してまいります。

プロフィール

早稲田大学大学院文学研究科史学(考古学)専攻博士後期課程満期退学。同大学在籍中2002年に留学のため渡独。

2007年より愛鳥大国ドイツの鳥事情を日常生活とともに、ブログ「とりきちTagebich」で日本へ向けて発信開始。

2008年より、ベルリンを拠点にドイツの鳥用品全般を扱う「とりきち横丁」の個人運営を開始。

2012年から法人化させ、Torikichi Yokochou GmbHの代表を務める。

2016年、鳥の一時預かりボランティア組織BIRDSITTERSを立ち上げ、発起人として現在に至る。

とりきちTagebuch(ブログ)/とりきち横丁BIRDSITTERS



愛鳥祭2日目(6月2日/

10:30〜11:30

羽多野 優芳

森下小鳥病院 獣医師

病院に連れて行くサインとその後

内容  

 体調が悪い時に鳥が出すサインはたくさんあります。実際に病院に連れて

いらした時の鳥のサインと治療後の経過をいくつかご紹介したいと思います。

プロフィール

準備中



12:00〜13:00

石綿 美香

鳥の行動とトレーニングのスペシャリスト
ALETTA代表

その問題、どう解決?

~あの人がそういってる、科学はこういってる~

内容  

うちはこうなの。うちはこれでうまくいった。

それは本当に自分の鳥と向き合う時に適切な方法でしょうか。

自分自身で答えを出し、自分の鳥にあった形で解決するための行動の科学を学びましょう。

世界的に推奨されている人道的な行動介入基準についてもお伝えします。

プロフィール

IAABC公認CPBC(国際動物行動コンサルタント協会公認インコ・オウム行動コンサルタント)

HPアドレス:http://aletta-mika.wixsite.com/training

上智大学外国語学部英語学科卒。 英国の金融専門出版社勤務

在英中、一緒に暮らし始めた犬との生活をきっかけに動物の行動や心理に興味を持つ

Animal Care CollegeにてCanine Psychology、Dog Training Calss Instructionを学ぶ

2003年D.I.N.G.O.設立以来、犬の行動やトレーニングに関するセミナーやクラスを開催

2010年より鳥の行動やトレーニングに関するセミナーやクラスを開催

2016年に独立しALETTAを設立

動物の行動コンサルティングやセミナー、トレーニングクラスなどを開催またそれらに関わる通訳/翻訳を行う



13:20〜14:20

西谷 英

バーズ動物病院 院長

お迎えしたヒナに注意すべきこと

内容  

お迎えしたヒナは無防備な状態であり、育雛には多くの知識が必要となります。

ヒナを育てる方法に正解はありません。

ヒナの生態をもとに、ヒナを育てるのに必要なものは何かを一緒に考えていきましょう。

プロフィール

バーズ動物病院院長



締め切りました。
抽選結果がでるまで、もうしばらく

お待ちくださいませ。